2019年3月17日日曜日

すみだ水族館

本物の夜空よりプラネタリウム。動物は別に好きでもないけど水族館。
私は本物の自然より、それらのミニチュアが好きだ。

東京スカイツリーの麓にある水族館。立地が立地だけに避けていた。混雑してそうだもの。
ただ、電車一本で行ける場所にある、という誘惑に耐えきれず足を運ぶことにした。
京急線沿いは、水族館が多くて嬉しい。

入口。オリックス資本だったの、今知った。

入る前に周辺を回る。ウィッカーマンとおぼしきオブジェを発見。火にくべられるのは果たして魚か人か。

上面が解放された、見通しのいい大きな水槽に、説明抜きで水・植物・魚。展示物の説明はそこそこに、まずは魚を、水草を見よ、との仰せ。
入ってすぐにある展示で、その水族館のコンセプトを示そうっての。最近建てられた水族館に多いパターンのような気がする。実際、この水族館、ビルの中の限られた容積の中に、大きな水槽を大胆に配置している。こう見せたい、これを見せたいという明確なビジョンが感じられる、イマドキの水族館だ。

魚以上の存在感を示す、緑、緑、緑……。実はこれらの水槽、水草を展示するためのものだ。最近の水族館、魚に負けないくらい植物の展示が充実してて面白い。

クラゲの展示。整然と並べられた小さめの水槽に、様々な種類のクラゲが展示されており、カップルやファミリーがその美しさを讃えていた。
そうか、君らはこれを美しいと見るか。私にとってのクラゲのイメージはこうだ。(参考画像はしながわ水族館のもの)

東京大水槽。2階ぶち抜きの巨大水槽なのだが、写真では大きさが分かりづらいと思う。そもそもフレームに収まらなかったのだ。動画の中の子供の影との対比でなんとか。

ただ大きいだけの水槽ではなく、裏には小さめの魚が身を隠すスペースが設けられている。で、当然、その姿を覗くための小窓も。

縦に大きな東京大水槽と対照的に、とにかく広いペンギン水槽。

そしてそれを取り巻く人間たち。


何しろカップルとファミリーでにぎやかなオサレスポットである。展示物であるサンゴもインスタグラムにアップロードしてくださいと言わんばかりのカラーリング。
水族館のアイドル、チンアナゴもバッチリだ。

ペンギン恋愛相談コーナー。

引き合いに出されるだけあって、ペンギンの恋愛っていうと、かなりガチな印象がある。(参考画像はしながわ水族館のもの。「禁断のカップル」とは)

ペンギンの水槽の傍らにあるオットセイ水槽。互いに行き来はできないようだ。

イソギンチャクとクマノミの水槽を上から覗く。珍しい趣向ではないはずだが、この組み合わせで見るのは初めてだ。

今回の水族館メシ。隅田川ブルーイングのエールとおつまみのセット。

全体的には、デートコース想定の展示がなされている中、飼育スタッフの個人的な愛情を前面に押し立てた企画があって、異彩を放っている。というか、これは隔離されているのでは。

その趣味が外界に露出した部分。これに自分以外の客がチャレンジするところを見かけていない。

クラゲと桜をモチーフにした展示。水槽の背面に桜の映像が投影されるだけでなく、床にも一面桜の花びらが。で、この花びら、人の動きに合わせて風に舞う。

屋内の限られた容積を明確な意図の元に切り取った、一つ一つの展示物のレベルが高い。カフェありショップあり、訪れる人のニーズをあらかた掬って見せている。そんな、すみだ水族館。
年間パスポートも、入館2回分とお得感がある。しかも入館後に当日券との差額分だけ(つまり入館料1回分)で購入できるとあって、申込者も多く見かけた。
万人におすすめ。皆の者、こぞって行くが良いぞ。

一方、「おすすめはしないけど、こっちに来いよ」と言いたくなるのが、こちらのしながわ水族館。

今や、こういうネタやハジけた企画は、四半期ごとにゴーイング・コンサーンな民間より、少々ハズしてもイチイチ存立の是非を問われにくい公共のほうが通しやすいのかもしれない。(しながわ水族館は区立。管理を民間委託)
同じ生き物の展示でも、いろいろなアプローチが、水族館それぞれにあって、あちこち見てまわると楽しめるね、という話。



2019年3月14日木曜日

足立区生物園

普段足を伸ばす水族館とはちょっと毛色の違う施設。

東武スカイツリーライン・竹ノ塚駅から西に行った、元渕江公園の中にある。

正面入口。「生物園」直球ド真ん中。

館内に入って真っ正面。ひときわ目をひく大水槽。足立区沿岸の海底を模した……とかでなく、泳いでいるのは金魚。足立区は金魚の飼育が盛んだったらしい。

館内の展示は、無脊椎動物、魚類、両生類から、は虫類に哺乳類と多岐に渡る。
は虫類代表の一匹は、一部コンピュータ技術者から信仰されている神の使い、ニシキヘビ(Python)。

動物たちの一部は……時間帯に寄るのかもしれないが、意外に機敏に動く。
多追えば、自分のイメージの4倍速くらいで移動するゾウガメ。


オオグソクムシの曲芸。


カブトガニ。あちこちで展示されてるけど、腹側を見せてくれる活発なのは初めて見た。


この「生物園」の、メインコンテンツたる大温室。外から見えるガラス張りの大部屋だ。熱帯風の室温と植物で一面満たされた室内に、放し飼いされている多数の蝶・蝶・蝶!



田舎県田舎町の生まれ育ちなんで、今さら、蝶なんて珍しくもなんともないはずなのだが、いざ、観察の対象として示されてみると、グッと来るものがある。何しろ展示物は蝶界のサラブレット、エリート中のエリート。それこそ蝶よ花よと育てられてきた奴らだ。
羽ばたきと滑空を繰り返しながら、地球の重力を無視し続けるその姿。


屋外には宇宙が広がっている。その証拠の宇宙ザクラ。



加えて、オーストラリアとも地続きであるようだ。カンガルー等いろいろいたけど、とりあえず鳥。


宇宙ザクラが外に展示されている一方、館内の秘密の場所には、宇宙メダカが。宇宙メダカは郡山でも見かけたような。


区立の施設だ。地元足立区に棲息している生物の展示コーナーもしっかりある。



これだけ、見るところがあって、入館料はたったの\300。
大きな施設ではないので、中にレストランはない。
が、小規模ながらもミュージアムショップがあり、オリジナルのグッズなども売られている。地元の店による名入りの菓子類だ。その辺りは、さすが区の施設って感じがする。
何種類かあったが、「生物園」の名入りのせんべいと、生物園の生き物の缶バッジを買った。


2019年2月18日月曜日

天動のシンギュラリティ


長谷敏司の『BEATLESS』の設定を転用して描かれたコミック。
長谷自身も世界観監修として関わっている。

下記はkindle版 4巻まで読了の上で書いている。現在、7巻まで刊行済み。

『BEATLESS』本編より、6年ほど昔の話。
洋上に作られた人口都市《メガフロート》と、その中で運営されている学園《私立アクアブリッジ学園》が、主人公の活動範囲である。(作中を通して物事の動いているスケールはもっと広い)

メガフロートは、ほぼ全体をホログラム(立体映像)で覆われており、ところどころに存在する、映像のスキマ《ほころび》が主人公達の遊び場になっている。映像のないところが、そのまま公共の管理の行き届かない場所になっており、主人公達はその空き地に自前の映像を広げてゴッコ遊びをしているのだ。
主人公の天童カイトは、厨二病気質の持ち主として学園内でも悪い意味で有名人であり、「黒魔術&ファンタジー風の設定」の立体映像を好んで重ねて遊んでいる。
子供っぽいながらも真剣なゴッコ遊びの中に、割り込んでくる不思議な事故。なんとかそれらに対応し、原因を追って謎を解いていくうちに……(となるのだろう)。

割と王道というか、素直に面白くなりそう、という感触を得ている。『BEATLESS』の世界観が好きな人には楽しみな展開が見られそう。

私はポイントと見ている設定は《賢者会議》という謎のグループで、主人公はゴッコ遊びの仲間《パドヴァ啓明魔導団》の他、この《賢者会議》にも属している。主人公がこのグループの全容をどこまで知っているかは明かされていない。で、このグループを通して学園の中の物事と学園外の公権力が裏で結びついている。
学園モノではよくある設定でもあり、「よく知っている人に実は裏の顔が!」というサプライズを実現するための有用な舞台装置ではあるが、この作品では主人公含めて登場人物があまり素性を明らかにしていないため、有効に働くか否かはなはだ不安だ。

そう。せっかく面白くなりそうな話なのに、見せ方で損しているのではないかというのが、今のところの私の評価だ。
見せ方という言い方をしたが、ビジュアル面よりも、情報をどのように読者に明かしていくかという作劇の要素や、単行本の構成とかの編集の要素を気にしている。

謎の主人公に、謎のヒロイン。謎の幼なじみに、謎の妹に、謎の妹の友達……。登場人物の多くが(少なくとも登場時点では)秘密を抱えた存在として登場し、読者にとってクリアな視点を安定して供給する人物がないのは叙述上の大きな障害ではないかと思う。(思えば、遠藤アラトは読者にとってとても誠実な語り手であった)

ベースとしているのが『BEATLESS』という、精巧な設定を持つSFである。本作では、さらにその上から厨二病気質の主人公を始めとする子供達が思い思いに「ファンタジー風の設定」「魔法少女モノ」をかぶせているので、作劇場も絵面としても、とても難しいものになっている。ハマれば見事なのだろうが、初見者には極端に不親切な導入になってしまっている。

「なぜわざわざ街をホログラムで覆うのか」「なぜ必要以上に人間そっくりのロボットが街中を歩いているのか(ペットまで引き連れて!)」。作中の一般人が常識として知っているはずの知識くらいは、単行本の中、本編の外、早い段階で説明して欲しかった。借りてきた設定だからといって、説明を省かれても困る。
改善は容易だと思うのだけど、今調べたら、もう最終回間際なんだなぁ。

でも、アニメ『BEATLESS』も後半に入ってから面白くなったので、この作品にもそれを期待してしまうのだ。

2019年2月16日土曜日

『BEATLESS』の楽しみかた

http://beatless-anime.jp/ (アニメ公式)

https://amzn.to/2SSYDGJ (Amazon Prime Video)

ヴィジュアルが示すように、人間の男の子がロボットの女の子に出会う「Boy meets girl」モノである……ということになっている。
「なっている」というのは、作中の登場人物からさえ、直接この語を用いて二人(1人と1体)の関係が揶揄されているからだ。

私自身は、むしろ「大切にされた道具はここたまになります。これナイショだよ」(『かみさまみならい ヒミツのここたま』)の構図で観る方が好きだ。(正しくはない。)

「BmG」の装いなのは、主人公が男子高校生であるからだけで、コンピュータの方には性別がないから、これは「GmB」にはならず、非対称な関係だ。作品全体ではもっと俯瞰して、モノ(道具)と人との関係を問うている。

まず目を惹かれた注目すべき設定は、人工知能によるやらかし(事故・犯罪)の被害が、核兵器・原子力災害の用語を援用する形で語られるスタイル。
超高度AI(人間の手に負えないほど能力が伸びたAI)は、ネットワーク経由で社会に危険をもたらしかねない危険物として隔離され、専門の国際機関IAIA(『IAEA』のAI版)がそれらを監視している。
なお、史上最大の「超高度AI漏出災害」は日本で起こっている。しかも地震の二次被害としてである。あと、作品の連載開始は2011年。

私にとって、この作品の一番の魅力は、未来社会とそこで起こる社会問題の構想。原作者 長谷敏司は後に人工知能学会倫理委員会所属(倫理委員会というところがポイント)になり、これは現在も継続している。
また、原作者は作品の設定を一部公開しており、二次創作でない、商業ベースの作品(別版元でも!)に利用可とする試みを行っている。(『アナログハック・オープンリソース』

アニメは原作者の監修を受けつつ、作品を忠実に再現しようと奮闘した。が、背景となる膨大な設定に依存する要素を説明しきれず、評価が分かれることとなった。
説明しきれなかった要素は登場人物の抱える鬱屈の背景にもなっているので、よほど丹念に、何度も観る質の人でなければ、理解が厳しかっただろう。
さらに、(私自身はあまり重要視するところではないが)作画の質も安定しなかったので、全体の構図を知らないままの繰り返し視聴には辛い作品にもなった。二重苦だ。
温泉回・水着回みたいなものもない。正直、商売っ気を疑われるレベルにある。

この『BEATLESS』という作品は、例えるなら「囲碁に超詳しい作家が、架空の囲碁名人戦を舞台に創作した小説のアニメ」だ。
盤面では白黒の石が激しく対峙し、互いの陣地を巡って攻防が繰り広げられているが、囲碁のルールを知らない人には石同士の関係も、何を目指して戦われているのかも分からない。
別のプロ棋士による大盤解説でもあればともかく、画面に映るのが碁盤だけとあっては昼寝必至。
しかも原作者自身は、決して本物の名人でないから、自分より格段に囲碁が得意な名人の手を理詰めで構築していく……時にはハッタリも交え……ということをやっていく。
結果生まれたこの作品は、それなりの予備知識を獲得した読者(視聴者)が、一手一手の意味を考えながら、ときには盤面を過去まで戻してためつすがめつ研究を……というくらいの「沼」を持つ。
だから、ニコニコ生放送の『【東山奈央×長谷敏司】「BEATLESS Final Stage」放送記念 スペシャル特番!!』は、本当にありがたかった。ありがとう、奈央ぼう。
けど、アニメ化に当たっては、ところどころを省略して、本筋を語る枠を確保し、テンポを保つ必要がある。時間(例:納期)は常に、私たち……超高度AIを含む……にのしかかる現実だ。

また、この作品の視聴をさらに困難にしているのは、人間関係の描写の細かさ(情緒的なこまやか、ではなく「こまかい」)。
二次元の人物相関図で簡単に示せる関係は、この作品にはむしろ稀だ。主人公から行きずりの刑事(かろうじて名前がある)に向かうだけでも少なくとも3本は矢が刺さる。
一人の人間は、主人公にとって、不安な自分に笑いかけてくれる大人であり、自分や家族を危険から守ってくれるはずの公務員であり、隠し事をせねばならない潜在的な敵でありうる。
ドラマがある展開でもないのに、場面場面の状況やなりゆきで、目まぐるしく関係が変わる……のではなく、追加され、並立していく。
関係そのものが変わるのではなく、どのレイヤーが重視されるかが場と状況によって変わっていくのだ。ドラマチックになることもない、行きずりの刑事さんとの間でさえこうなのだ。
このような多面的重層的な関係を、多対多で、分析的に描かれるのは、小説としては読み応えがあるが、アニメ表現には辛いものでもある。
でも描かざるを得ないのだ。まず、多数のプレイヤー(ステークホルダー)の入り乱れる乱戦は、この原作小説の見所である。また、この乱戦の最中での振る舞いかたは人間と超高度AIの間の違いを際立たせるものでもある。避けて通っては作品の価値が下がってしまう。
この作品の中では、多くの人間が、AIが、複雑になりすぎた互いの関係性と形勢の判断に必死だ。そんな中、一度ならず自分の命を取りかけた相手にすらも、気軽に(それはもう、まるで何も考えていないかのように)「もう知り合い。無関係な他人ではない」とのたまって、盤面をガンガン複雑にしていく圧倒的強者がいて、それは主人公である。

アニメ作品にまとめるには難しい、という話を散々続けてきた。
私自身が前述の、囲碁の名人戦の中継を観ながら昼寝してしまったクチなのだ。
実際、その時点では原作小説の存在すら知らなかった私が初めて「このアニメ、実はスゴク面白いんじゃね?」となったのは、全24話中16話も過ぎようといったところ。
それまでは、次の放送までに前回までのあらすじを忘れてしまうほどに、ダラダラ視聴していた。むしろ録画予約を切る決断をし損なった結果とも言える。
逆に、作品が完結し、その到達点と全体像を知ってしまえば、再視聴は楽しい追体験だ。これほどの作品を2クールに押し込めたスタッフの苦労が酒の肴になる。
(放送期間を延ばしていたら、むしろモタモタした印象の作品になっていただろう。それはそれで筋悪だ)

『BEATLESS』は作中で語られていることを追う初見ではなく、語られていなかったことを振り返る再視聴が楽しい作品である。

具体的には、原作とアニメを見比べて「リョウ、お前あの時、本当は泣いていたのか」と思いをはせたり、原作にも書かれていない架空のセリフを脳内で付け足したりするのが楽しい。(「痛いところを突かれた!」とか、「すみません!嘘をついていました」の類が多い)

2019年1月10日木曜日

葛西臨海水族園

近場の水族館にも行ってみよう!と思ったけど、しながわ水族館には何度か行っているので、行ったことのなかった葛西臨海水族園に。

建物の外観。先に、いわきと大洗に行ったこともあり「都内だし、こんなもんだろう」という第一印象。(実際には、氷山の一角しか見えていない)

空の広場の噴水池。吹き出してい時間帯に訪れたので、いまいちありがたみがない。


太平洋の回遊魚を集めた「大洋の航海者」エリア。この水族館もサメが多い。

この水族館で一番大きな水槽もこのエリア。大水槽の奥に、もっと大きな水槽が重なっているのが見えるだろうか。







マグロ用の大水槽は360度全周を囲むドーナツ状の造り。このドーナツは網でいくつかに分かれていて、一番大きなマグロの他、別の魚の展示にも使われている。


セニョリータって、子供の頃からの刷り込みで笑いを誘う言葉になってるんだけど。生き物の名前って割と失礼なものがあるよね。

「お前も展示してやろうか」
「ウォーリーを探せ」のコーナー。渚を再現したエリアで生物を探すのだが、まぁ、見つからない。
ペンギンのコーナー。上から。

横からも。……という意図なのだろうけど肝心のペンギンが窓に寄ってこない。

ペンギンのエリアはかなり広い。

海藻がただゆらめくだけの動画。

大洗の、「裏側!」ってほどの迫力ではないけど、こちらにもバックヤードを見せるコーナーがあった。こちらが表。

こちらが裏。見えているのは、汚れ除去の装置とカルシウム補給の装置。

大洗では大水槽のバックヤードを公開していたが、ここでは中型の水槽を上から見ることができる。
生物多様性が失われ、漁獲量の減少が叫ばれて久しい昨今。だが、その一方で新しい仲間を迎えることもできている。彼らは河川・海を問わず存在し、呼吸も食事も必要としないという。
ペットボトル「こんにちは!皆さん仲良くしてね」
水族館飯。ビール、ポテト、あんこうのナゲット。
施設のカットモデルもさりげに展示されている。大水槽の水量を支えるためだろうか、巨大なタンクがひしめいている。
出口をでても、まだ終わりではない。屋外では水辺の鳥の展示。



淡水魚の展示専用の建物まで。

魚心くん、外来生物だったのか。
なお、しっかり副業も行われているようだ。
すっかり夕方になり、観覧後に乗ろうと思っていた周遊バスは営業終了になっていた。