2019年6月9日日曜日

BEATLESS 次に読む本

性懲りもなく、『BEATLESS』を読み続けている。

文庫を何度か読み返しつつ、財布と相談しながらBlu-rayを1枚ずつ購入し、その間もprime videoで見返し……という無茶苦茶なハマリ方だ。
いろいろとフックに富む物語であるので、「これって何だっけ?」と思ったら文庫版やGoogle, Wikipediaで調べては舞い戻り、「こんな話どっかで見たぞ」と思えば他のアニメを見てくる、そんな見方になっている。既に作品単体「だけ」で見るにはもったいなくなっているのだ。

アニメとして、まずは『アイカツ!』。アイカツSFだから……とは言え、今のところアニメ版のスタッフやキャストといった、座組が似通っている以上の意味は見いだせておらず、なかなか視聴が進んでいない。
より多くリピート視聴しているのは『同居人はひざ、時々、頭のうえ』。人工知能ではない、もう一方のAI(Alien Intelligence)、ネコと人類の出会い(当事者同士にとってはファーストコンタクトだ)を描いた作品だ。

書籍としては以下の3冊。今のところは、だ。

棋士とAI
「AlphaGoに二重の意味で敗北した。棋士として、囲碁ソフトの開発者として」と述懐するトッププロ、王銘エンのAI本。

王先生は、自らが各種棋戦にエントリーするトッププロでありながら、囲碁ソフトの開発にも関わり、囲碁未経験者への導入のための教育法(純碁)の発明者でもある。およそ、日本でプロ棋士がやる仕事すべて経験しているのではないかと、私が尊敬する棋士の一人だ。
AlphaGoという《AI》から「今までプロが指したことのなかった手」という《人類未到産物》をいち早く渡されることになった人間の棋士たち。彼ら「囲碁という学問の研究者」の戦いぶりを見てほしい。そして次には、実は《超高度AI》では全くないAlphaGoの姿と、自ら戦略を生み出せない、紅霞が後に至るどん詰まりとを比べてみてほしい。
『BEATLESS』本編から遡ること90年。実際に起きた出来事をもとに書かれたスピンオフ。


サピエンス全史
人類の歴史を斬新な切り口で俯瞰した名著。どうせ、皆もう既に読んでいるだろう?

「アラトさん、人間が、人間の世界だと思っているものは、無邪気な信頼で支えられているのですよ」
長谷 敏司. BEATLESS 下 (角川文庫) (Kindle の位置No.3450-3451). KADOKAWA / 角川書店. Kindle 版.
チョロいチョロいと言われている主人公、遠藤アラトは一体どういう「ホモ・サピエンス」なのか。一見軽んじられているように見える彼が、どうしてあんなにモテるのか(人間からも、AIたちからも)。ある意味、人類進化のマイルストーンとも言える彼の実像に迫る本。そも、IAIAが守っている「人類」とは何者なのか。


強いAI・弱いAI
『BEATLESS』世界の重要なステークホルダーたる、《超高度AI》たち。彼らに至るまでの道のりに、どんな壁があるのか。
複数のAI研究者(そうでない人にも)への、インタビュー本。

「わたしには、魂はありません」
長谷 敏司. BEATLESS 上 (角川文庫) (Kindle の位置No.669-670). KADOKAWA / 角川書店. Kindle 版.
AIには果たして魂はないのか。魂がないモノを人工知能と呼べるのか。実は、まだ合意された結論はない(魂の厳密な定義が“まだ”ないから)、というあたりから面白くなってくる。
流行のディープラーニングなど、今はまだ人工知能の「パーツ」を集めている段階として、人間の脳の再現を目指す「全脳アーキテクチャ」なども紹介されている。
一方で、「脳にあたるコンピュータだけの人工知能はあり得るのか。生物としての身体の制約が実は知能の成立に必要なのではないか」という研究者もおり。単なる操り人形に留まらない、「本物の《レイシア》の何百分の一、何百万分の一」でありながら、おそらくは必須のパーツであり続ける《hIE主機》の意味を考えることになった。
素人が読むことを意図してのインタビュー集なので、ありがたいことにそのように読める。数式がほしい人は残念でした。


[オマケ] おっと、こちらも忘れないでくれよ。
機動戦士ガンダム00劇場版


2019年4月30日火曜日

板橋区立 熱帯環境植物館

物園ではなく、植物館。全て屋内の温室での展示だからか。
なんでも清掃工場の余熱を利用しているのだとか。

エントランスには熱帯の植物の種。風で飛ぶための翼がついた種(誇張)とか、ワクワク感がある。

ミニ水族館はご家庭には置きづらい大きさの水槽に、小さめの魚をたくさん飼育するスタイル。飼育されている魚たちも、それぞれの水槽のテーマをもって配されており、迫力はさておき、見応えがあるものだ。

「ムナテンベラダマシ」の説明。ものまね芸人への評としては、おそらく最低。

唯一大きな魚類が飼われている場所は、水族館のなかではなく、大温室の中の川の中。ここは植物館への導入部ともなっている。

エイって、川にも住んでいるのね。(狭そう)

温室の中は、馬鹿馬鹿しくなるほどの緑の洪水。


先ほどの「川」を上から。奥の方でエイが泳いでいるのが見えるだろうか。

自ら動くことのできない植物たちは、むしろ詐術をもって身を守ろうとする。
たとえば、この木は「バニラの原料」であると人間に信じ込ませている。

羽根突きの羽に擬態した植物。

シナモンスティックの正体。こんなものを……皆、ありがたがって……。

こちらは、「締め殺し植物」という、詐術というより暴力に訴える系。なにそれこわい。

高く背を伸ばそうにも、地盤が弱いので仕方なく、根を横に伸ばしていく。生きていくためには妥協が必要なのだ。

そう言えば、先ほど見た中にも似たようなのがいた。東京タワーみたいな奴。

殺伐とした植物界に癒やしの爬虫類が降臨。
爬虫類が、ちょっとだけこっちを見て、興味を失うところまでの動画。

ムッちゃんという名前らしい。

なぜ温室の中に、民家が……。(マレーシアの凧)

「冷室」なんていうものもあるのね。雲に覆われ、霧立ちこめる山地を再現。

大きな植物だけでなく、小さな植物もキッチリ名札が付けられており、管理されている様子がうかがえる。


食虫植物大集合!のコーナー。

植物標本が仕込まれたドアノブ。この施設、細部が手が込んでいて、小さな驚きがたくさんある。

温室をなるべく広く見えるように撮ってみた。植物の高さに合わせるかのような湾曲した屋根。


水族館に来たときは、館内のレストランを利用するようにしているが、この植物館でも食事が取れる。全体が東南アジア推しのこの植物館は、食事もやはり東南アジア料理(カレーの種類多し)だ。
ナシゴレンとタイのビール。

水族館を久々に訪れた人は、しばしばレストランに魚料理が並ぶ光景を見て「かわいいお魚を食べさせてしまうの?」といぶかるようだ。
だが慈悲がないのは植物館も同様。実際、さきほどイネ科の植物を食べたばかりだ。

温室の中でも育てられている植物から、食用にされているものをピックアップ。

食用の花。農薬利用厳禁。

板橋区にも、植物工場があるとのこと。栽培されたレタスが展示されていた。館内のレストランでも使われているらしい。(時期による)

陸上で栽培される、特別な種類のワカメ。まじか。

平成の終わりを飾る動物の展示(?)

レストランだけでなく、ショップもあるよ。「当館オリジナルのコーヒー」とか、とてもスルーしづらいものが売られている。


キャラ的規模的には足立区生物園と似た感じ。小さいハコで見応えある展示をしようという、細かい工夫がたくさんある。こういう施設が近所にも、もっとあるといいんだがなぁ。うらやましくなる場所。

2019年3月17日日曜日

すみだ水族館

本物の夜空よりプラネタリウム。動物は別に好きでもないけど水族館。
私は本物の自然より、それらのミニチュアが好きだ。

東京スカイツリーの麓にある水族館。立地が立地だけに避けていた。混雑してそうだもの。
ただ、電車一本で行ける場所にある、という誘惑に耐えきれず足を運ぶことにした。
京急線沿いは、水族館が多くて嬉しい。

入口。オリックス資本だったの、今知った。

入る前に周辺を回る。ウィッカーマンとおぼしきオブジェを発見。火にくべられるのは果たして魚か人か。

上面が解放された、見通しのいい大きな水槽に、説明抜きで水・植物・魚。展示物の説明はそこそこに、まずは魚を、水草を見よ、との仰せ。
入ってすぐにある展示で、その水族館のコンセプトを示そうっての。最近建てられた水族館に多いパターンのような気がする。実際、この水族館、ビルの中の限られた容積の中に、大きな水槽を大胆に配置している。こう見せたい、これを見せたいという明確なビジョンが感じられる、イマドキの水族館だ。

魚以上の存在感を示す、緑、緑、緑……。実はこれらの水槽、水草を展示するためのものだ。最近の水族館、魚に負けないくらい植物の展示が充実してて面白い。

クラゲの展示。整然と並べられた小さめの水槽に、様々な種類のクラゲが展示されており、カップルやファミリーがその美しさを讃えていた。
そうか、君らはこれを美しいと見るか。私にとってのクラゲのイメージはこうだ。(参考画像はしながわ水族館のもの)

東京大水槽。2階ぶち抜きの巨大水槽なのだが、写真では大きさが分かりづらいと思う。そもそもフレームに収まらなかったのだ。動画の中の子供の影との対比でなんとか。

ただ大きいだけの水槽ではなく、裏には小さめの魚が身を隠すスペースが設けられている。で、当然、その姿を覗くための小窓も。

縦に大きな東京大水槽と対照的に、とにかく広いペンギン水槽。

そしてそれを取り巻く人間たち。


何しろカップルとファミリーでにぎやかなオサレスポットである。展示物であるサンゴもインスタグラムにアップロードしてくださいと言わんばかりのカラーリング。
水族館のアイドル、チンアナゴもバッチリだ。

ペンギン恋愛相談コーナー。

引き合いに出されるだけあって、ペンギンの恋愛っていうと、かなりガチな印象がある。(参考画像はしながわ水族館のもの。「禁断のカップル」とは)

ペンギンの水槽の傍らにあるオットセイ水槽。互いに行き来はできないようだ。

イソギンチャクとクマノミの水槽を上から覗く。珍しい趣向ではないはずだが、この組み合わせで見るのは初めてだ。

今回の水族館メシ。隅田川ブルーイングのエールとおつまみのセット。

全体的には、デートコース想定の展示がなされている中、飼育スタッフの個人的な愛情を前面に押し立てた企画があって、異彩を放っている。というか、これは隔離されているのでは。

その趣味が外界に露出した部分。これに自分以外の客がチャレンジするところを見かけていない。

クラゲと桜をモチーフにした展示。水槽の背面に桜の映像が投影されるだけでなく、床にも一面桜の花びらが。で、この花びら、人の動きに合わせて風に舞う。

屋内の限られた容積を明確な意図の元に切り取った、一つ一つの展示物のレベルが高い。カフェありショップあり、訪れる人のニーズをあらかた掬って見せている。そんな、すみだ水族館。
年間パスポートも、入館2回分とお得感がある。しかも入館後に当日券との差額分だけ(つまり入館料1回分)で購入できるとあって、申込者も多く見かけた。
万人におすすめ。皆の者、こぞって行くが良いぞ。

一方、「おすすめはしないけど、こっちに来いよ」と言いたくなるのが、こちらのしながわ水族館。

今や、こういうネタやハジけた企画は、四半期ごとにゴーイング・コンサーンな民間より、少々ハズしてもイチイチ存立の是非を問われにくい公共のほうが通しやすいのかもしれない。(しながわ水族館は区立。管理を民間委託)
同じ生き物の展示でも、いろいろなアプローチが、水族館それぞれにあって、あちこち見てまわると楽しめるね、という話。