2022年5月21日土曜日

千葉市動物公園

 引越ししたが、なかなか部屋が片付かない。急いで引越しに入ったので、荷物を整理する(不要物を処分する)時間がなかったからだ。

引越し先がもとの部屋より収納場所が少ない。私の荷物が、生活用品に比べて「ヲタクの思い出の品」(非売品を含む)が多い、などの要素もある。友人から借りっぱなしになっていたゲームソフトなんてのもある。

もともとゴミ同然だったもの、引越し先の事情を考えて処分することに決めたものなど、自治体の定めるゴミの日を待ちわびつつ日々を送っている。


皆が外出するGWを引越し作業と手続きで潰し、次の皆が一休みするだろうタイミングで外出だ。

上野動物園に行きたかったが、双子のせいでとても予約が取りづらい。そろそろハシビロコウさんを見に行きたいのだが。関東圏でハシビロコウの展示を行っている園は……。

千葉市動物公園だ。「そのうち行きたい、近場の園館リスト」にもある。行くか。


千葉駅から、千葉都市モノレールで動物園へ。いきなりモダンな車両が現われたので驚いた。(写真は降車してから撮ったもの)


千葉都市モノレールの自慢は、とにかく落ちないこと。お守りとして売られているのは古くなって交換対象になったワイヤーだろうが、それでも受験生一人くらい支えてみせる!と鼻息は荒い。

動物公園駅。やはり動物園にはモノレールが似合う。上野然り、多摩然り……。
いや、京王動物園線も楽しかった。錯覚だったようだ。

動物園で客を出迎えてくれるのはゴリラ。正面からの静止画では分かりづらいだろうけど。

動物園に来たら、まずレストランへ。食事の時間を自由に設定できるボッチ客の有利を生かすのだ。案の定、食べ終わる頃には席を取れずに座席と座席の間をさまようファミリー客が出てきていた。

公共施設のレストランではビールを頼む。それはコンピュータの統治する社会を生きる市民の義務である。「市民、あなたは幸福ですか」

目当てのハシビロコウさん。(じっと君。♂)
ここ、千葉市動物公園には、じっと(♂)、しずか(♀)の2羽がいる。加えて、動物科学館の中に剥製が1羽いて、近くでじっくり観察したい人にはこちらがいいと思う。何しろ本当に動かないのだ。名前が公表されていないようなのが惜しい。

動物の慰霊碑前には花が。推し動物の墓参りに来る人がいたのだろうか。

カラフトフクロウ。人が迷ったとき、自然とここに足が向くという言い伝えがそのうちできるであろう。

最近、自分の中で急上昇中のヘビクイワシ。あまりにヒマすぎたのか、檻の中の片付けを始めていた。

なぜか、哺乳動物の檻の中で飼育されているカラス。私が見たときは、マレーバクといっしょに飼育員さんからエサをもらっていた。「横取り」と非難する声も聞こえてきたが、言いがかりであろう。
鳥類を見に来るなら、上野じゃなくて、こっちでもいいなぁ。

内覧を休止していた、ゾウ舎。自分の部屋とどっちが暮らしやすそうか、比べたかったのだが。



「動物園のライオン」と言えば、寝てるか座っているか、とにかくふんぞり返って動かない王様という先入観があったが、ここの王様は気さくに王国民(とくに子ども)の声援に応えていた。
「今日は寝てない、動いてる!」という王国民の声が聞こえてきたので、今日が特別な日だったらしい。

「ハイエナのイメージを変えよう!」。
ちょっと前に流行った小顔の「困り顔」っぽくて、割と人気出そうくらいに思っていた。羽村市動物公園でも「園一番の美少女」扱いだったし(あのサーバル様を差し置いて、である)。
一方、「泥棒みたいな顔」という声も聞こえてきたので、やはり地位向上は必要なようだ。


どういう企画があったのだろうか、戦国武将のイラスト。伊達政宗は……ハシビロコウさんである。

動物園の中に、「動物科学館」という施設もあって、面白そうな企画展示をやっていた。

千葉県佐倉市で出土したというピカチュウ。国立科学博物館(巡回展。他館への展開アリ)の「ポケモン化石博物館」にも、そろそろ行きたいなぁ。

動物科学館には、飼育員さんが行っている研究のポスター展示もあって、それらも楽しい。


次来るときは、大池と動物科学館から回ろうかなぁ。









2022年4月3日日曜日

多摩川七福神

そろそろ上野の動物園や科学博物館に行きたいなあ、と思いだしたタイミングが花見シーズンと重なってしまった。

こんな時は、アレだ。以前から考えていたけど実際に足を運ぶに至らなかった場所に行くのだ。多摩川七福神だ。

多摩川七福神は、大田区内にいくつかある七福神(七福稲荷なんてのもある)のうちの1つ。大田区というか旧荏原郡内には寺社密集地が多く、周遊参拝コースが作りやすいのだ。

大田区の中でも多摩川沿い、東急多摩川線付近の寺社を集め、2014年に設置された、かなり新しい七福神だ。

オススメの周遊コースは、社務所の営業時間が長い(というか中の人が常駐している)新田神社をスタートとするもの。
初詣シーズンおよび月の第一日曜日には、各社に設けられているスタンプを集めるための御朱印色紙が売られるのだ。

私は御朱印集めない人なので、ぜんぜん違う経路を辿っていた。

福禄寿: 矢口中稲荷神社

東急武蔵新田駅のホームに壁1枚で隣接している。稲荷神社、大田区周辺歩くようになったら、やたら目に入ってくるようになった。児童公園みたいな形で保存されているだけでなく、個人の邸宅やビルの屋上、動物園のキツネのエリアにまであるしなぁ。横浜や町田に住んでた頃にも、さすがに街中で見かけることは少なかった。23区内に住んでみて、一番驚いたことの1つだ。

布袋尊: 頓兵衛地蔵

南北朝時代の武将、新田義興の謀殺に関わった船頭が、罪を悔いて作ったものらしい。その実物がお堂の中にあったのだろうが、なんとなく傍らに便乗して立っている他の地蔵に目が行ってしまった。

大黒天: 矢口氷川神社

境内が児童遊園となっている。氷川神社が祭るスサノオと、大黒天(シヴァ神)が並ぶ。クリア直前の真・女神転生みたいな絵面である。
スサノオを祭り神社って、氷川神社とか八坂神社とかたくさんあって、神社と神様ってなんというか1対1の関係じゃないんだな、と今さら思う。

寿老人: 延命寺

多摩川七福神の中にあって、唯一のお寺。
寿老人が祭られているのは入って右手にあるお堂。前述の新田義興の祟りから消失した。その火災から唯一逃れた地蔵を延命地蔵とし、寺の名前ともしたらしい。

弁財天: 東八幡神社

いきなり色彩が鮮やかになった。地域の人が熱心に掃除しているのだろう。ここも児童遊園になっていて、遊具や公衆トイレがある。

境内の一角に「矢口の渡し跡」の碑。

「矢口の渡し」は新田義興が謀殺された場所だ。船で川を渡っている時、船頭たちに、あらかじめ開けてあった船底の穴の栓を開けられて船が沈んだのだのだという。観念した義興は家臣もろとも自害。で、その時の船頭の一人が前述の、地蔵を建てた頓兵衛というわけだ。

矢口の渡しは昭和期まで使われた。多摩川が氾濫で流路を変えるたびに、渡し場の位置も変わる。渡し場が最後にあった場所には大田区の教育委員会が説明の看板を立てている。

毘沙門天: 十寄神社

「とよせじんじゃ」または「じっきじんじゃ」と読むらしい。境内には「十騎神社」との表記もあった。新田義興の10人の従者を祭ったものらしい。「十寄」も雰囲気あるけど、「十騎」も格好いいな。戦記モノの導入とか後日譚に。 The Shrine of 10 Samurais.

恵比寿: 新田神社

何度もお名前だけ出させて頂いた、新田義興その人を祭った神社。寺を炎上させたり……先ほどの延命寺だ……いろいろ祟ったので、墳墓の前に神社が建立された。
江戸時代は(新田家につながる)徳川家ゆかりの神社として武家の信仰を集め、今では恋愛成就のLOVE神社として人気らしい。縁結びと関係あるか否かは不明だが、コスプレ(なんのキャラかは分からなかったので、単に変わった衣装)で撮影に来ている若い女性も見かけた。

花で飾られた手水舎の水盤。新型コロナが収まったら見れなくなると思うと若干残念ではある。

真・女神転生ファンには、破魔矢の発祥の地であると言った方が通りがいいだろうか。

わたくし、蒲田さちこ。

2022年2月12日土曜日

東武動物公園

埼玉県に来た。

帰省時の経由地では無く、埼玉県に目的地があるのは久しぶりだ。


その名もズバリというか、東武動物公園駅。

駅から専用バスが出ているが、せっかくだから歩く。

農業の町、宮代町の町章。なんか見た事のある意匠だが……。

川だ。(姫宮落川)最近、コンクリート護岸の川ばかり見てるから、足を止めてしまった。

ぼんやり歩いているうちに着いてしまった。
行列とかなくて、若干安心。来園のピークは午後かららしいので、油断はできないが。

動物園に着いたはずだが、動物がいない。
目の前には大きな池、眺望を売りにしていそうな建物。
左に見えるのは巨大な木製のジェットコースター「レジーナ」(2019年営業終了)。建物はレストランだ。

この池はかつて周辺にあった、笠原沼に由来するらしい。
その笠原沼から流れ出す笠原沼落が、先ほどの姫宮落川と並行するように園の中と周辺を流れ、レジャー施設としては穏やかな風景を作り出している。


東ゲートから入園してから10分以上歩いた感じがするのに、一向に動物の気配が無い。
動物園は敷地の西側半分にあり、そこまでが長いのだ。しかも道は遊園地の中のアトラクションに阻まれるかのように蛇行している。


いいかげん、周遊バスみたいなものに乗れば良かったと後悔しかけたところで、やっと目にしたフラミンゴの姿。
(一年間お疲れ様でした、キュアフラミンゴ……)

真っ白なクジャク。動物園に着いた実感が出て来た。

ペンギン舎の中にある、ペンギン親子の像。追加料金発生の合図だ。

(東武なのに)ウェスタンな雰囲気のポニー乗り場。

日時計!久しぶりに見た。

園内の様々な動物を紹介する案内板の数々。

なんか、きれいな鳥を見つけてしまった。ヘビクイワシ。
私が気に入ったのはメスだったけど、オスはもっと鮮やかな色彩で、火の鳥ともあだ名されているようだ。

来てみて始めて存在を知った「ほたリウム」。
ホタルが飼育されている大型の水槽を、暗闇の中で皆で眺めようという主旨。
追加料金を取られる上に、暗闇に目を慣らすための準備時間も必要という若干敷居高めの施設ではあるが、それだけの価値はある。

ただ、本物を見たことの無い、小さな子どもにはイマイチ訴求しないようだった。

他所から買ってきたホタルを水辺に放つ事自体が自然破壊(遺伝的多様性)とされてしまう昨今なので、こういう施設の需要は大きそうなもんだけど。
もっと早くから、もっとあちこちにあれば、違った景色も見れたかもしれない。


オニオオハシ。立体感に乏しく、最初は写真が飾られているのかと思った。

東武よお前もか。ゴキブリのコーナー。

さすがに猛獣舎は人多かった。とはいえ、檻の前が人で埋め尽くされているというところまではなく、普通に観覧できる。
園の顔とも言える、ホワイトタイガー。後ろ姿の背中は意外に細く、女性達が驚いていた。

身体を壁にこすりつけて歩いているライオン。身体がかゆいのか、他の個体の匂いが気になるのだろうか。

彼らの食べ物。結構お値段しそう。

インドゾウ。

帰路はさすがに、先のルートをそのまま歩く気にはなれず、園内鉄道「太陽の恵み鉄道パークライン」を利用してみた。
機関車の向きを変える転車台、減速や駅を示す標識類から運転士の指さし確認まで、期待していた以上に鉄道鉄道していた。
線路は、先に名前を挙げた川(笠原沼落)のすぐ傍を走る。飼育動物でない野鳥が水面を泳ぐ風景の向こうに、巨大な木製コースター(「レジーナ」)が見えたり、園内管理用の道路と交差する踏切が複数あったりと見応えもある。

園内におみやげ屋さんがいくつかあって、そのうち2つを見たのだけど、品揃えが全然カブっていなかった。 長距離往復するのに抵抗ない人以外は、見たモノは即買っておいた方が後悔が少ないかも。見敵必殺。客単価上げろ~。