2021年7月18日日曜日

渋谷川

前から見に来たかった場所に、やっと来ることが出来た。
駅の地下、構内を川が流れているというのだ。


渋谷駅の地下、東口広場から天井を見上げたところ。この天井の一段低くなっているところに渋谷川が流れているらしいのだ。

……と言っても、川の流れを感じさせるものなど何も見つけられないので、心の中で「へぇ」ボタンを1回押したら気が済んでしまった。
この場所を探す時間の方が長かったかな。


次は、地上に出て来て、水の流れが見え始めるところ。
渋谷ストリームの、稲荷橋広場から下流方向を見ている。
単純に川に水を流すだけでなく、湧水よろしく、周囲からもチョロチョロと水を流す、一種の噴水になっている。

「渋谷川」と呼んではいるものの、流れている水は(我らが大田区を流れる呑川同様)落合水再生センターからの再生水で、都の下水道局の管理下にある。
再生水は東京のあちこちで大活躍だ。


そのまま「渋谷リバーストリート」と呼ばれる場所を川の流れに沿って歩いて行く。以前のプチ聖地巡礼とは反対方向だ。
とはいえ、川岸に道がある区間は意外に短く、その後の多くの区間では「この建物の向こう側に川がある」と想像しつつ、橋を見つけては川の所在を確認する、苦行みたいな道行きとなった。

何しろ今回、せっかく渋谷に来たのに、東急ハンズ渋谷店に立ち寄ることさえしなかった。


渋谷川沿いにある癒やしのスポット。「渋谷区ふれあい植物センター」。
「日本で一番小さい植物園」の看板が清々しい。

中に入ったら、アニメのコラボ企画やってた。クイズラリーに全問正解したら植物の種をもらえるという話だ。
前回は、こちらに来るついでにアニメの聖地巡礼をしたが、最近は特に何も考えなくてもアニメのほうから近寄ってくるようになった。


『聖女の魔力は万能です』
放送も先月終了し、キャラの名前すら忘れてしまっていたが、櫻井孝宏さんの声がかろうじて記憶にある。

前回来た時にはカブトムシと戯れるスペースだったところに、机や椅子が運び込まれ、作中の聖水づくりの仕事場風になっていた。

秘かに気に入っている場所。3階のハーブガーデン。

「日本各地の土」。数だけなら、国立科学博物館・日本館の土壌コーナーにも負けていない。

ワニガメ(特定動物、定着予防外来種にして、絶滅危急種)が動かない動画。

植物園としては小さいにもほどがあるだろう感じのセンターだけど、スタッフのセンスが光る小物やPOPが随所にあって、感心させられる。

施設老朽化のために年末で閉館(& 2年ほど後再オープン)しちゃうらしいけど、それまでにせめてもう1度くらいは来たい。


再び渋谷川沿いに、まずは恵比寿駅方向に歩いていたら、以前、一度来たことのある場所に出た。エコー劇場だ。もう20年近くたつんじゃないか。

明治通り(リキッドルームのある辺り)からJR恵比寿駅に向かう道にかかる橋、と渋谷川。

恵比寿東公園の一角。大雨で、地下の貯水槽から水があふれるときに、ここから渋谷川に水を流す?

なんかすごいお寺(佑浩寺)があったので、思わずパチリ。

南麻布(広尾?)の天現寺橋の歩道橋の上から、下流方向を。

「清流復活事業」の看板が柵の中で読めぬ。なぜ、こんなところに柵が……。
渋谷川を流れるのは、落合水再生センターの再生水。植物センター手前の並木橋(東横線旧並木橋駅)あたりに分岐があって、そこから目黒川や呑川にも流れていくらしい。そういえば、なんか「いかにも地下で貯水してます」っぽい場所があった。

帰宅後に地図を見返したら柵で囲われていたのは慶應義塾幼稚舎だった。防犯のために後から設置したのだろうか。


いきなり上にのしかかってくる巨大な構造物。地上を流れる渋谷川とは異なるレイヤーにある、もう一本の川、高速道路だ。ここから河口に向かって、異なる水系を流れる2つの川が並走していく。

渋谷区で渋谷川と呼ばれているこの川は、港区では古川という別の名前で呼ばれている。

地下鉄麻布十番駅から同じく赤羽橋へ東進すると芝公園が見えてくる。川にも釣り船らしき姿がチラホラみえるようになり、海に近づいてきたことがわかる。

金杉橋。浜崎橋。河口に到着した。なお、肝心の海の写真を撮っていないのは、首都高で視界がふさがれていて海が見えなかったからである。

オマケ:
エスカレータの床下の動画。東京モノレール浜松町駅で見ることができる。(他にも見れる場所、なかったかなぁ)

2021年6月28日月曜日

多摩ゾン川を越えて(行かない)

半年間の施設メンテナンスが終了。いよいよ……と意気込んだら1週間で緊急事態宣言により休業……。気がついたら、最後に行ってから一年近く経ってしまった。
板橋区熱帯環境植物館(グリーンドームねったいかん)だ。

最寄りは都営三田線の高島平駅。今まで降りたことのない反対側の出口にも寄ってみた。駅出て大通りの反対側がすぐ、ちょっとした緑地なのだ。

稼働していない噴水は、廃墟のイメージを醸し出す絶好のアイテム。

リニューアル後のねったいかんの外観。なんかスッキリした感じだ。入館待ちの列が出来ている。そんなの、今まで見たことなかったがなぁ。えっ、入館制限もしてるの?区外の住民としては遠慮した方がいいのかなぁ。ここは断念しよう。「利用者減につき、廃館します」という寂しすぎる状況とは真逆なので。

とは言え、都心から離れていることもあり、何か他に行く園館の当てがあるわけでもない。
荒川でも見に行くか。新幹線とかの車窓からしか見たことなかったし。そんなときに「これが荒川」みたいな感慨を抱いたこともなかったし。


周りの木々を押さえ込むように大きく成長した天然のガスタンク。養殖ものより良質のガスが採れるのだろうか。

荒川まではそんなに遠くないが、手前にもう一本越える川がある。新河岸川だ。右(西)側に見える背の高い構造物は清掃工場のものだろうか。

荒川だ。左(東)に上れば秩父。右(西)に下れば、葛西臨海公園。どっちも遠い。

河川敷の一角に、背の高い草木に囲まれた場所が。特別な場所なのだろうか。

人工・自然のないまぜになった段々。階段にしては一段一段が大きい。巨人の造った施設だろうか。

謎の神像。地元の住民……人間とは限らない……の祭っていた神のものだろうか。

草木に囲まれたエリアに近づいてみる。外周に沿って歩くと、ガサゴソとこちらを誰何するような物音がする。鳥獣、あるいは蛇のようなものが周囲を警戒しているのかもしれない。

ここは地元民……おそらくは巨人族……の聖域(サンクチュアリ)であったようだ。

入口は閉ざされてはいないようだ。出口は定かではないが。

この地を訪れる参拝者……有翼の……の図版。時とともに彼らの存在感も次第に薄れていっているようだ。

聖域を訪れる鳥たちを人間が眺めるためのデッキ。東京港野鳥公園や葛西臨海公園にあるものと異なり、人間(あるいは巨人)の姿を隠すための仕掛けがない。ここ、聖地では人間(おそらく巨人)と鳥は対等の立場であったのだろう。神に仕えるものとして。

干潟に囲まれた、その向こう側がサンクチュアリ。鳥と巨人族が対等であるかのように考えてきたが、誤りだったかもしれない。サンクチュアリの中から、鳥の鳴き声が聞こえてくるのだ。そういえば、先ほどの図版にも鳥類の姿しか描かれていなかった。

古代文明の遺跡を、ちょっと離れたところから。

気分的には、もう「帰り道」。Googleマップ見て、たまたま目にとまった「板橋区立へび公園」覗いて帰ろう。そんな心算だった。

えっ?アマゾン展?どこで?
……ねったいかんだ。
それで、あの人出だったのか。

氷のように謎が解けていく。
これは混雑するだろう。混雑するはずだ。混雑しなければおかしい。
都民は「都内から出ないように」というメッセージを日々受けている。都内からもっとも近いアマゾン……川崎水族館に行くことができない。多摩川を越えられないのだ。 もう一度行こう。今度はアマゾンへ。回れ右することになるかもしれないけど。

板橋区立へび公園(蓮根川緑道)。
2匹の白い大蛇。この遊具が名前の由来……らしいのだが、不自然な話だ。それではまるで、公園になる以前からこの遊具が存在していたということではないか。
いかなる者が遊具を造ったのか。巨人族か。

しばらく緑道沿いに進むと、前谷津川緑道という別の緑道に出る。
こちらは絶えることなく水を流しているようだ。
こういうのがいいんだ。涼しい。

ねったいかんに戻ってみたら、待ち行列は解消されていた。さてさて、1年ぶりのねったいかんの中は……。

ナガクビガメの首の長さを称える動画。

もともと「都内の水族館」を探した中で、「ミニ水族館のある熱帯植物館」としてアンテナに引っかかったのが、この館だったのだけど。回を経るごとに水族館を見る時間が減っているような気がする。
定番をしっかり押さえているが故のことであるけど、やはり、他の場所で見られないものを、と目が先を追ってしまう。

例えばそれは、ねったいかんのアイドル、チャオちゃんである。
チャオちゃんの泳いでいる水槽は、このミニ水族館のなかで最も大きいものであると同時に、大温室の一部でもある。


久しぶりのねったいかんは、外見から受けた印象とあまり変わらず、以前より大分スッキリして見えた。
水槽の魚たちもソーシャル・ディスタンスを保って泳いでいた。

温室の中の植物も、密度がさほど落ちているようには見えないのに、見通しが良くなった感じだ。
以前は覗き込むように見ていた水場も、勢いを増し、自然に目に入ってくる。

「ワン・ピースの『悪魔の実』だよ」と言われたら、信じてしまいそうなデザインの実と種。

検閲を受けて、一部伏せ字になった紹介文……ではなかった。単にルビが大きいんだね。

 館のシンボル。ムッちゃん……あまり動かない。

高山植物を育てるために、冷房のかかった「冷室」。暑がりの私には、ありがたいスポット。

「見よ、この偉容」。
規則正しく並んでいない大小の木々が、視覚による遠近の認識を阻害する。
そして、バックヤードとして使われているのであろう、すき間からも植物がのぞく。

「アマゾン展」は特別展として行われるのだが、もともと館のイベントスペースが小さいので、それほどのものにはならないだろうと見込んでいた。
過去の特別展も、着眼点は面白いのに、展示物が厳選されすぎててボリューム不足であることが多かった。
今回もさほどの規模にはなるまい、とたかをくくっていたのだが。

大小の水槽に、さまざまな魚が。写真はないが、アロワナとかピラルクとかの大型魚も、わざわざ小さい子を調達して展示していた。

黄金色に輝くカエル。

多摩川へのツッコミも忘れない。

他の客を避けられないので、写真は撮らなかったが、映像の上映コーナーまで設けられていた。
ここ、こんなに広い場所だったかなぁ。

今回は「だいぶフンパツした」感じだったけど、この規模の特別展が期待できるようだったら、一年に1度2度とかじゃなく、もう少し頻度を上げたい。


その後、雑貨を買いに池袋に。ハンズとロフトを回ったけど、目当ての商品は見つけられず。
代わりに、池袋西武の屋上に、稲荷神社を見つけた。
予定にないコースを遠回りして、買いに来たものは売ってなくて、久しぶりに「休日」らしい休日になったなぁ。