2021年3月7日日曜日

ズーラシア大陸へ(続き)

前回の続き。


オセアニアの草原

ついつい、動物よりも、こっちに目が行ってしまう。

アポリジニの彫像。

こんなものとか……。

科学技術館にもあった、くるくるコイン募金箱。(音がいい)

中央アジアの高地

生き物はモンゴル~中国~チベットっぽいけど、ここはどこのイメージなんだろう。

日本の山里

動物園で、わざわざ日本のエリアを設定して展示するのは珍しいことなのだそうだ。水族館だと、割と地元推しが強いのだけど。(地元の漁師さんにお世話にもなっているし)

「『鶴の恩返し』の鶴は、実はコウノトリだった」説の衝撃。

この写真の中にツキノワグマが1匹隠れています。

人出が多くなるであろう桜のシーズンこそ、外出を控えようかと企図している。私は梅を見る。

お地蔵様っぽい。

アマゾンの密林

アマゾンセンターって名称から皆が連想するような、物流の倉庫施設ではない。中に入ってくる客は少なかったけど、かつてこの動物園に棲息していた様々な生物の剥製が展示されているので是非。

池の中のワニ(模型)に投げ入れられた硬貨。注意書きの看板もあるが、客からはダチョウ倶楽部の類と見られてしまったようだ。事実上の募金スポットとして機能している。(私自信は、条文は条文通りに受け取るタイプだ)

わくわく広場

エネルギーを持て余した子供のための遊具。そして小腹が空いた大人のための屋台。

かつて、この地域で栄えていた生物の頭骨。ありふれたものなので、無造作に転がっている。

アフリカの熱帯雨林

南北方向に長い動物園の敷地の、やっと半分。アフリカのエリアだ。ここからは生物間距離(アニマル・ディスタンス)も一段と長くなる。比較的最近にオープンしたから、昨今の生物の環境改善の流れを受けて設計されているのだろうか。(南側も相当だったが)

雨も断続的に降り始め、屋外展示が動物にも人間にも辛くなるけど、このズーラシアは屋外屋内の出入りが動物任せになっている場所もあり、雨やどりにきた動物が、先ほどまで外にいた人間とガラスを隔てて再会……したり、しなかったり。

「ジャングルキャンプ」はオカピの屋内川の展示と、は虫類の展示の建物だが、そこに気になるポスターが。

密猟者を取り締まるレンジャーが、密猟者からの報復襲撃を受けて、オカピも巻き込まれたという。「今の日本の感覚だと、犯罪者が政府機関に報復とかありえんでしょ」と書きかけたけど、昭和時代にはあったね。そう言えば、この令和にも「公的機関の職員を攻撃する、外資企業の日本法人の社長」がいた。

アカカワイノシシは豚熱感染対策ということで、屋内展示に絞られていた。行き止まりになっているのは、屋内展示の先で、屋外展示も行っているため。

アフリカのサバンナ

ライオンさん。筋肉とか所作とか、何かにつけて美しい。

それにしても、これとかこれとか、ライオンをモチーフにしたキャラクターって、なぜ女の子でもたてがみを生やされてしまうのだろう。


皆が認めると思うのだけど、ズーラシアは広い。

その広いズーラシアでも一番広そうな草原エリア。次来るときは双眼鏡を持ってこようと思った。たぶん観劇用に買った安いプラ製のオペラグラスが家のどっかにある。
iPhoneのカメラで望遠して、このくらい。

それもそのはず、この草原エリア、なんと肉食獣と草食獣あわせて4種まとめて展示しているのだ。私はキリンしか見れなかったけど。このエリアは、例えばこのようなことに使われる。(公式動画。現在は実施されていないイベント)
水族館では割と見かけるけど、動物園で複数の種を一緒のエリアでって、大丈夫なんだろうか。大型の生物の、健康な成体だけとか、工夫があればいけるのか。

園内、割と工事中のエリアがあって、空のケージ・エリアもしばしば。

その空白を埋めるのはカラス(たぶん、ハシブトガラス)。人間含めて、一番よく見かけた種かもしれない。

ぱかぱか広場

開園こそしているものの、感染症対策で、人を集めて行うようなショー、ふれあいイベントはことごとく中止。しかし動物たちは再開に備えて、あるいは健康維持のためにか訓練を続けているようだ。

また、イベントはなくなっても、展示場所で静かに客を待っている……かどうかはわからないが……動物たちはいるので見に行くことはできる。


木曽馬の光翔(こうしょう)さんっぽい。

ころころ広場

先の「わくわく広場」の東に、やはり遊具が設置された広場があり、こちらには大きな池がある。

彼ら水鳥は、園内を自由に出入りしているらしい。あるいは非常勤の生体扱いなんだろうか。ズーラシアの公式ブログには、園内の、飼育されていない生物についての記事も多くみられた。


街中も街中、駅前とも言える立地にあるコンパクトな野毛山動物園。
山1つにケージを配置して、坂道上り下りしながら見て回る金沢動物園。
周遊バスが設けられるほど広すぎるズーラシア。
横浜市の動物園を3園回った。

帰宅してから、以前、金沢動物園のショップで購入した「よこはまの動物園案内帖」を改めて見返してみたのだが、この3園で展示されている動物のカブりが少ないことに驚く。

3園連携しながらも、それぞれ特色のある動物園として完結していて、生物種のバリエーションが保たれていることにもう一度驚く。

そのうち、また来よう。野毛山、金沢にもう一度ずつ行ってから。

2021年3月6日土曜日

ズーラシア大陸へ

町田在住時、つまり20年以上前から存在は知っていたものの、行ったことがなかったズーラシア大陸に上陸した。(まぁ、自分の足で動物園に行くようになったのが、つい最近だから)

横浜市の動物園としては、野毛山、金沢に続いて3つめ。楽しみに思うのと同時に、だんだん大きくなっていく規模に「えっ、金沢より大きいの?」と、若干ひき気味にもなる。

アジアの熱帯林

園内は、動物の原産地?ごとにゾーン分けされていて、それ自体はわりとどこでもやっている話だと思うのだけど、ズーラシアでは植生やらエクステリアにもそれが反映されている。動物そっちのけで、写真を撮ってしまった。

最初のエリアは東南アジアっぽい。

園を訪れた客が最初に見る看板動物はインドゾウ。意外にカラフルだった。親子と飼育員さんが揃ったところをパチリ。

スマトラトラ。カラスに食べられてしまったようだ。

もちろん、写真映えしそうだと思っていた動物が、たまたまこんな感じだっただけ。ただ、現在、園内のあちこちで工事が進んでいたり、コロナではない動物の疫病対策が取られていたり、とフル稼働という状況ではないっぽい。

もとより、体調不良の動物はガンガン休ませる方針っぽいし、一匹一匹の動物に与えられるスペースも広めで、我々人間の無遠慮な視線から逃れるための障害物も充実。特定の動物を推している人は年パス購入を検討した方が良さげだ。


エリア内にあるジャングルカフェに貼られていた「繁殖センター」の活動を伝えるポスター。そう言えば、しながわ水族館にもここで保護されたカモが展示されていた。
横浜市は3園(+分園)の動物園を抱えているが、そのさらに先に非公開の施設があり、そこでは単なるバックヤードとして以上の活動が行われている。

亜寒帯の森

北極圏に近い場所のイメージで。

「アラースの谷」と名付けられたこの場所を取り囲むように、動物たちのケージなどが配置されている。

いたいた、アムールヒョウ。

2匹いるヒョウが交代で勤務するルールらしい。スマホのカメラを構える客の前に、わざわざ出てきてくれた。ごめんねぇ、ありがとねぇ。

鮭の燻製。アラスカのイヌイットのイメージなんだろう。私は予備知識なかったので、左下のタイトル書きに気付くまで、かなり混乱した。

ホッキョクグマ。なぜか首を左右に振り続けており、他の客からいぶかられていた。が、私は知っています。これは一発芸「赤べこ」の練習。忘年会がコロナ禍で中止となり宙に浮いてしまったのだ。……中止になって良かったね。

謎の感謝状。「シロクマキャンペーン」とは。

謎の丸い物体。トウホクノウサギ。東北の兎?東北野兎。

謎の丸その2。シロフクロウ。眠いのか眩しいのか、微妙な表情。

まだ半分も巡ってない、長くなる予感がしてきたので、一旦ここまで。

2021年2月27日土曜日

羽田から世界へ…行かずに大田区へ

海老取川にかかる弁天橋 。

橋の向こうは羽田空港。左手に見えるのは羽田イノベーションシティ。

弁天橋の欄干には、かつてこの辺りで盛んに行われていた海苔の養殖の各工程が描かれたパネルが飾られていた。

そして、橋の傍らには、散策コースの案内パネルが。「武蔵野の路」初めて聞く名だ。
東京都の全域にまたがって、複数の散策路が設定されていて、ここは六郷コース(多摩川の土手を回る)と大井・羽田コース(羽田空港を囲む人工島を回る)の結節点だった。いつかはあなたの住む街へ行くかもしれません。

橋を(もちろん歩いて)渡って、空港島に入ってみる。

京急と東京モノレールの乗換駅である天空橋駅(地下)。その傍らには「旧三町顕彰の碑」がある。戦争準備のために、空襲で、駐留軍のため、戦後の復興のため、拡張されたり戦災に遭ったりした羽田空港。この地区に元々住んでおり、移転させられていった人々のことを伝える碑だ。

じゃぁ次は、羽田イノベーションシティ。空港ターミナルの跡地を利用して建設、2022年のグランドオープンを目指して、プレオープン!……した矢先にコロナ禍に見舞われた。世界の随所でよくある話の大田区版。
2階のデッキから。建物のあちこちから空港が、飛行機が見える!というのが、この施設の売りだ。(たぶん)

これこれ、「ハローマイワールド わたしたちは細胞でできている展」。理化学研究所監修のコンテンツだ。

あれ?この建物、平日しか開かないのか。じゃぁ、この展示を見に来れるのは一体どういう……。考えてみると、飲食店しかオープンしていないように見えたこの建物。では、タリーズでお茶飲んでいた人たちは一体何をしに。
私の見逃している情報があるのだろう。う~ん。でも、他の客に「Youは何しにHanedaへ?」と聞いて回るのもアレだしなぁ。

自動運転バス。もちろん構内にコースが限られており、実用よりもデモンストレーションのためのものだ。たぶん。乗り場も見かけたが、乗車列が出来ていたので遠慮。

屋上の足湯は機能していた。


足湯もそうだが、空港が見える展望の場所にもなっており、割と人が集まってくるポイントになっていた。(密度の高さは、飲食店が一番だったが)

シティを出たところには、「ソラムナード」。癒しを求める都会人?のために整備中の緑地だ。(南東京の自治体、何かにつけて「プロムナード」言いたい感ある)

金属製の柵の向こう側なんで、分かりにくいが「赤レンガ堤防」を模したものがある。
休憩スペースの屋根と柱は、一見、立ち並ぶ鳥居の姿を模したものにも見える。(が、区内の全然関係ない場所でも同じものを見かけたので却下)

羽田の島から、今度は別の「穴守橋」を通って、海老取川を渡る。

穴守橋は飛行機フィーチャー。

橋を降りて右(北)方向の岸は、遊歩道・公園として整備されており、ここが「武蔵野の路 大井・羽田コース」だ。


あさひ海老取川公園から、ヤマト運輸のクロノゲートの裏手を見たところ。クロネコだからクロノゲートなのだろうが、英語表記の「CHRONO GATE(時を超える門)」というのもSFっぽい情緒があっていい。
ヤマトに限らず、日本各地へ翌日配達がデフォルトという輸送・物流網は、昔の人間にとっては、時を超える魔法だ。(それらの構築にかかってきた総費用・資源も、昔の人間の想像の埒外だろうが)

三菱不動産が、集合工場・倉庫として売り出し中のビル。外壁の引っかかりみたいなものは騒音対策なんだろうか。掃除しにくそうだし、さすがにただの飾りとしては、めんどくさいデザインだと思うのだけど。

東京都下水道局の東糀谷ポンプ所。「がんばっています!」と書かれていても、ポンプ所が何をするところか知らないと。

帰宅後に調べたところによると。下水は、長い長い下水道を勾配によって、重力の作用で流れてくる。が、あまりに経路が長すぎる。海や川の底より下水道が低い場所になると、自然の水に返せなくなってしまうので、途中や終端で低所から高所に、人工の動力で水を引き上げる必要が出てくるのだ。雨の日は大量の雨水を引き上げる必要があるので、特に頑張る必要がある。(でないと、街中に雨水があふれてしまう)

解説版の左下には、このポンプ所がカバーする範囲が描かれており、以前訪れた蛇崩川(蛇崩川幹線)もその中に入っている。


東糀谷ポンプ所から橋1つ隔てたところに、雨水貯留地という建物があった。しかし、天から見下ろすGoogleマップからは、この建物の屋上にある「海老取川公園」しか見えない。たまたま通りがからなかったら、きっと一生知ることがなかった場所だ。
で、その屋上の公園も周囲を別の建物に覆われている都合で、臨海的な景観とかはない。もちろん、子供の遊び場としては機能も十分なので、「公園」の名は間違いでも嘘でもないのだけど。

海老取川公園≒東糀谷ポンプ所雨水貯留地から、さらに北上するともう呑川だ。ここまで来ると「羽田」の名を冠する看板がめっきり減ってくる。

その呑川では補強工事の真っ最中。念のため言っておくと、ゴジラの再度の襲撃に備えてのものだ。

呑川沿いで何度も見かける「呑川緑道」(当然か)。その傍らには、またしても「武蔵野の路」が。

バブル華やかなりしころ、増大する一方の首都高羽田線の交通量を分散し、渋滞を解消するための迂回路が設けられた。しかし、新しく海底トンネルを掘る余裕のある場所などなく、大型船が通る場所であるために橋を架けることも困難。そもそも、橋を架けられないからこそのトンネルだった。

結局、選ばれたのは、大型船が通るときのみ道路を旋回させる「旋回橋方式」。

自分が車乗らないから感覚で掴めないけど、広さは1車線分だろうか。完成直後にバブルははじけ、羽田空港の交通量も減少。さらにその後、陸路の主役も首都高湾岸線に移り、1998年に利用終了。

また動かぬものを撮ってしまった。