2021年1月3日日曜日

実家に帰らせていただきます

母がまだ世田谷に住んでいた幼少の頃、近くを流れていた蛇崩川(じゃくずれがわ)の源流を歩いて探しに行ったという話を聞きつけた。途中で断念したらしいが。

蛇崩川!そんな厨二病っぽい地名が実在するのか!

その時私の脳裏に浮かんだイメージ(Google検索)
しかし、世間一般的に「蛇崩」と言えばこちら

母方の祖母の生家の近くなのだから知っていても良さそうなものだが、自分自身の幼少の頃、「東京」と言えばプラネタリウムがある渋谷であり、水族館がある池袋であり、科学館がある上野。田舎に住んでいる子供が東京の川などに興味を持つはずもなく。

かくして「(今は宮城に住んでいる)母親の代わりに、その実家に帰省」の開始。新型コロナがなかった昔の日本へタイムトラベルだ。


東急田園都市線・用賀駅。一度だけ利用したことがある。合宿の解散の場として。忘れていても良さそうなものだが、駅の建物が特徴的な形だったので記憶にあった。

近隣には、先日訪れた等々力渓谷を流れる谷沢川の上流がある。ちょっと歩くことになるが見に行くべきか。

迷っている間に見つけてしまった。首都高3号の下を、蓋をされずにそのまま流れているのだ。一方、用賀駅からさらに上流のほうには蓋がされている。

川の源流は馬事公苑の南東の端から弦巻5丁目あたりだったらしい。馬事公苑ってなんだ?有名な場所らしく歩道にまで馬をあしらった方向表示がある。

左の壁(北)が馬事公苑。オリンピックに向けて工事中。正面の信号を超えて奥の方(東)に流れていたらしい。信号のある交差点、南北方向は昔、品川用水が流れていたらしい。写真に撮ってみたらやたら遠くに映ってしまい、とても分かりにくいが。


弦巻○丁目の道路をまっすぐ。歩道が広いというよりはむしろ車を歓迎していない感じ。


進んだ先の大山道児童公園には、大山道を行く人のイメージ像。そして別の傍らには「蛇崩川 洗い場跡」の碑。わざわざ探しに来ないと、目にもとまらないだろうなぁ。当時の人にとっても、自分が洗い物をする場所に碑が立つとか、意味不明だろうし。


さらに歩くと、「プロムナードせせらぎ」として整備された遊歩道となる。


場所としては、世田谷区教育会館の裏手に当たる。会館はプラネタリウムを擁するわりと大規模なもの。傍らには水遊び用の人工池がある。


プロムナードの枠を形作るオブジェは、配水管を模したものばかり。蛇崩川が現在、この地下を流れる下水道となっていることに由来する(下水を流しているわけではない)。


しばし歩くとプロムナードは弦巻通りに合流して「やけに広い歩道」となる。


近隣には「駒沢給水所配水塔」という、お水大好きっ子の聖地もあるのだが、坂を登るのが嫌だったのでスルーする。
蛇崩川に限らず、(日本の法律より厳しく適用されている大自然の法則により)河川は周りより低い場所を流れる。そこから外れて寄り道することは坂道を登ることに繋がる。回避するに限る。
源流から下流に行程を定めているのも同様で、流れに逆らって遡行するのを嫌った結果だ。


弦巻通りをしばらく歩くと、その名も「蛇崩川緑道」として整備された区間に入る。そのほぼ西端に位置する小泉公園には「親水施設・せせらぎ」が。(絶賛渇水中)


緑道を歩くと、他の道路と交わるところで、当時かかっていた橋の名前が。


緑道区間。世田谷区内だけでこの数。多い…。


途中で、母の実家のあった辺りに寄り道。祖父母は他界。借家だった建物も残っておらず、今住んでいるのは全く見知らぬ他人。なので、「ああ、このあたりだ」と確認して終了。


目黒区内に入る。頑張って緑道の設備更新を進めている世田谷区に比べて、大分力が抜けた感じ。まぁ、このくらいで十分という気がしないでもない。


児童公園(地下に貯水)があり、橋の名前が残っているのは世田谷区と同じ。


長々と緑道(下水道の上)を歩いてきた。やっとこさ、蛇崩川が目黒川と合流するところに到達。今回の外出の目標地点だ。着いた、着いたよ~。
長い戦いであった。特に後半、(寺社と初詣客を避けたために)スポットらしいスポットもなかったし……。


東急の中目黒駅至近にある「合流点遊び場」。


蓋が閉じた排水口っぽいもの。雨が降ったら、ここから遊び場に水が流れてくるのだろうか。


監視カメラが目黒川の水量を見張っている。


電撃殺虫機。灯りに寄ってきた虫を高圧電流で殺す……みたいだが、肝心の部分を撮影し損ねている。


合流地点を反対側から。最近、都内は雨降ってないけど、大雨降ったらこの光景も一変するのだろう。


蛇崩川を取り上げていた雑誌。暗渠ファン的には蛇崩川の見どころは、緑道として整備されている本流より、そこから四方八方へ伸びた支流らしい。
行程が長くなるのと、(ブログに出さないにせよ)他人の家の写真を撮りまくることになりそうなので、今回は見送った。

2020年12月20日日曜日

帰宅せよ

味方を犠牲にしてでも、帰還せよ -『戦闘妖精・雪風』-

文庫本が段ボール箱の底に沈んで久しいので、正確な引用が困難になったが、つまりはそういうことだ。

これは旅行でもなければ外出でもない、自宅がある大田区への帰宅である。


出発地は、前回の中断地点である岡本公園。休日公園の中には人間がいるので、外周から。用があるのは、公園ではなく、その南側を通っている「六郷用水」なので。


六郷用水(現地住民の言葉では「マルコガワ」)は緑道としての整備がなされていて、道路から木製の遊歩道が張り出している。ここから大田区まで歩いて帰る。


岡本公園の東南の端で、谷戸川と合流。谷戸川は北にある砧公園という別の公園から南に(写真の奥から手前方向に)流れてきている。


人通りは少ないが、車通りは多い。どこに行くにも車、都会であっても車、という住民が多いのだろうか。

緑道整備の際に作られたのであろう、道標。現代の物は昔の石碑に比べて表現力は高まったが耐用年数に難ありだ。

魚の姿は見かけなかった。そもそも上から見てはっきり分かるようなら、生存も難しいだろうが。鳥類は見かけた。カモとかサギとか、人間にもいそうなグループ名のが。



六郷用水の別名である、次太夫堀の解説とかの案内板が各所にある。統一感はないので、同じような文化施策が複数の事業主体によって幾度か繰り返されたのが分かる。


緑道として整備とは言っても、生活や商業の隙間で行われるものなので、途切れるところも当然出てくる。上は東急田園都市線。


「大山道」という古道の道標らしい。今回の道程との関連は不明。そのうち行くかもしれない。


上野毛自然公園。ここで「国分寺崖線」というものを初めて意識する。六郷用水のこの辺りは崖線の南側を流れており、崖からの湧水も併せて流していたのだ(?未検証の仮説)。


崖の下側は多摩川の洪水を直に被る。六郷用水の水路の南北でハザードマップの色も変わるのだろうか。


さて、地図見て気になっていたこの場所。

六郷用水は多摩川に沿って、西から東(狛江→蒲田)に流れていく。そこを北から南に貫く谷沢川(↓)。どうなっているのだろう。


今まで西から東に流れてきたのに、ここに来て、急に南方向に折れ曲がる六郷用水。

しかし、東側にも水の流れがある。上流である西側に比べて、下流側のこちらの水量は少ないように見える。

交差地点を北(谷沢川の上流)川から見たところ。谷沢川は手前(北)から奥(南)にまっすぐ流れており、右側(西)から六郷用水が合流して南に流れる。先ほど見たとおりだ。

合流地点の上(歩道)から下流側を。左から谷沢川。右から六郷用水。両者がここで合流して南の多摩川に行くのだ。では、東側の六郷用水の水はどこから?


は?なんか湧き出している。交差地点の北東の角にあたるところにあるものだ。さらにこの裏に回る。


ポンプ設備!これは……、谷沢川(上流)の水を汲んで六郷用水の下流に流しているのか。とんでもない詐術!これは酷いゴマカシの匂いがするぜぇ~。


さらに、現在進行中の詐術。今ある谷沢川の流れも地中化して洪水を防ぎ、無知な地域住民の皆様には「きれいで安全にコントロールされた谷沢川」を楽しんでもらおうって話だ~。


『マトリックス』とか、「日常と思っていたのは、実は人工的に作られ、管理された仮想現実だった」みたいな話、昔(昭和)も今(令和)も変わらず需要がある。けれど、「仮想現実破ると『むきだしの自然』と直接対峙することになる(人死にも出る)」というところまでリアリティのラインが上がり、シリーズ後半がその「本当の問題」に向かうような作品が多くなったと思う。平成の30年間の鬱屈の中で、徐々に。

最近の作品の主人公には「真実が明らかになってハッピー」のその先の、「もう少しマシな落とし所を探る」ことが求められている気がする。サスティナビリティー。


この世界の真実を知ったついでに、谷沢川の上流にも行ってみる。せっかくだから。
東京23区内に唐突に現われる大自然の驚異。等々力渓谷だ。


湧水。これは人工物っぽいが。

露出した地層。


案内板や遊歩道も完璧に整備されているので、遭難の心配は無く、登山の準備も不要だ。それでも階段や坂道には閉口するが。
もっとも、渓谷の「内側」は外側の崖に比べて何メートルも低い。今まで通った用水路を途中で北上していたら、その「何メートル」が坂道の傾斜としてプラスされていたことになる。
谷沢川の水が「低きを流れる」原則から逸脱することを頑なに拒み続けた結果が、他より若干緩いこの傾斜だ。ありがとうと言わせてほしい。私も君たちのように低きに流れていくよ。


等々力渓谷の中を北上して、等々力駅前で昼食。アルコールを入れるつもりはなかったのだが、「とどろき渓谷ビール」というピンポイントな商品を目にしてしまい、結局1本飲んだ。

昼食のあとは、六郷用水の流れに復帰すべく、渓谷を南下。あちこちに「雨天時は増水して危険です」という注意書きを目にする。先ほどの地下化工事が急がれる所以だ。


金属と樹脂の案内板よりは長く残りそうな、石の道標。「次太夫堀」の「堀」の部分だけ湿っぽいのは、地下の水流の存在をほのめかす「暗渠サイン」だろうか。それとも近所に住む犬の体格を示すものだろうか。


またしても六郷用水の案内板。東京都市大学の名が入っているので、もしかしたら一番新しい物かも。


「丸子川」と書かれた標識。大変遺憾ではあるが、その川に流れている水、実は谷沢川の物なのだ。「お前たちはだまされているぞ!」

しかし、この看板で一番重要な情報は右下にある「大田区」である。そう、大田区に帰ってきたのだ!(田園調布だけど)


大田区に帰ってきた記念に、田園調布八幡に(若干遠目から)お参り。


「お鷹の入堰」と呼ばれる場所。六郷用水があふれる前に水門が開けられ、丸い池のその先にある多摩川に水を逃がす、ということらしい。


大田区に帰ってきたフラグが立ったので、大田区立の公園へのルートも開かれた。


公園の中にはたくさんの古墳。そして古墳。見てもそれと分からないが。


古墳跡を公園にするところまでは大田区も川崎市も同じだ。が、遊び場にして子供が踏んづけるままにしている川崎に対し、大田区は若干過保護。


冬の、中間色だらけの色彩の中で、1つだけ鮮やかな色をしたものがあった。「はねぴょん」(大田区のキャラ)だった。


管理事務所には、古墳展示室。カッチリした建物と対照的な、ファンシーな表示。


古墳展示室とは何か。文字通り古墳を展示する場所だった。古墳はレプリカ(現在の建築材料)で、中も展示室になっている。(本物の古墳の材料なら等々力渓谷あたりでいくらでも手に入るはずだが)


あまりにも古墳の数が多いので、番号で呼ばれている。古墳作った当時の人も、まさか自分たちの墓が、アラビア数字で管理されるとは想像しなかっただろう。


遠い昔に、大田区と埼玉県の戦争があったことを説明する展示。「ずるがしこく、心が高慢な小杵」とは、ずいぶん酷い言いようだが、この「ずるがしこく、心が高慢な小杵」が我らが大田区である。(大和政権視点)


展望台のすぐ南は多摩川だ。多摩川台公園を名乗るだけある。


石碑と案内板の背後の土が古墳なのだという。これ、見ただけで古墳って分かるものなの?


午後三時を過ぎると、もう夕方という光加減になる。

公園のすぐ隣の多摩川浅間神社にお参り。安産・子育ての女神様なので絵馬も「お腹の中に赤ちゃんがいます」デザインのものがズラリ。


来年も東京都が存在していますように。